「エバーブロック」は当社が日本で最初に開発製品化、特許を取得した唯一の強い塀でありますが、強度の出ない類似品が出回っています。強く安全性の高い塀は「エバーブロック」だけです。類似品にご注意ください。

エバーブロックは非常に強く全てのデザインを可能とした画期的な特許製法(特許第3969732号)であります。エバーブロックの名称も商標登録(登録第4780297号)を取得しており、全国の皆様に強い外塀として採用をしていただいております。
 
 

■エバーブロックの開発

 
エバーブロックの本体(芯材)はEPS発泡スチロールでできています。一般的にスチロールは火に弱く、強度的にも塀には不向きと思われるかもしれません。私共がこのエバーブロックを最初に発案し、手がけたのは1999年7月でした。施工性が良く、デザインも自由になるこのEPSを従来のコンクリブロックに変わり、より強く安全なものにするために、さまざまな問題をクリアーし、エバーウォール外断熱材を応用して今日に至りました。特に強度につきましては、日本のどこでも起こると思われる地震等、コンクリブロックの倒壊による人的被害を防ぐ物として開発してきました。そしてH15年9月24日にエバーブロックの強度、デザイン性を認めていただき、静岡県の推薦も受けました。
従来のもろいコンクリブロックを、このEPSのエバーブロックで変える、また、時代が変われば塀も変わる‥この様な想いでエバーブロックは生まれたのです。
詳しくはこちらをご覧ください
   
 

■エバーブロックの必要性

 
地震における、従来のコンクリートブロック塀の危険性はかねてから指摘されていました。しかし、まだしっかりとした対策がとられていないのが現状ではないでしょうか。
当社ではこのコンクリートブロック塀に代わる安全性の高い塀の素材として、このエバーブロックを開発しました。従来のコンクリートブロック塀やアルミフェンスに代わる画期的な商品として、そのデザイン性やコスト面から見てもお勧めできるものと確信しております。
詳しくはこちらをご覧ください
   
 

■エバーブロックとコンクリートの比較

 
エバーブロックの本体(芯材)はEPS発泡スチロールでできています。一般的にスチロールは火に弱く、強度的にも塀には不向きと思われるかもしれません。しかし、右の結果を御覧いただければ分かるように、コンクリートブロックを上回る強度があることがお分かりいただけると思います。
また、コスト的にも十分コンクリートブロックに対抗できることもご納得いただけるでしょう。
詳しくはこちらをご覧ください
   
  ●衝撃テスト(動画)
 
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

   
 

■エバーブロックの特長

  ●強度が強い
 
シュミットハンマー実験でコンクリブロックと同じ3ニュートンの強度が出ています。
  ●デザイン性の良さ
 
EPS(発泡スチロール)が真材の為、加工性にすぐれ、短時間でいろいろな造形ができます。
施工例はこちらをご覧ください
  ●工期が短い
 
加工しやすいので、型枠を組んでから作るという今までのような手間がかかりません。
したがって、コストが安くなるメリットもあります。
  ●体への負担が軽減
 
軽いということは職人さんへの身体への負担がかなり軽減できます。
今までのように、たくさんのコンクリブロックを積まなければならないということがありません。
  ●工事中騒音が少ない
 
今までのようにホコリ、騒音が少なく、工事現場がきれいです。
  ●工事中騒音が少ない
   
 

■施工研修

  ●エバーブロック研修のご案内
 
こちらをご覧ください。
Copyright (c) 2002, Nippon Yume Factory . All rights reserved.